牧師紹介

小林 佳:

1979年生まれ。

東京理科大学経営学部卒業後、行政関係機関に就職。

2005年のクリスマスに洗礼を受けてクリスチャンとなる。

その後退職し、2008年4月にイムマヌエル聖宣神学院に入学。

インターン期間中に、日本福音同盟及び教団からの派遣として、
クリスチャンによる震災支援団体「
CRASH JAPAN」の本部
スタッフ・メッセンジャーとしての奉仕を経験し、2012年3月に
神学院を卒業。
2012年4月より、王子教会の主任牧師として任命
派遣を受け、現在に至る。礼拝や祈り会では「誰にでも分かりやすい
聖書の話」を心がけている。

他にも

・イムマヌエル聖宣神学院図書館 司書

・東京プレヤーセンター「昼の礼拝」説教者

・ホームチャーチの派遣説教者

 等の奉仕も担っている。

 

★牧師による王子教会facebookへのリンク

https://www.facebook.com/igm.ouji.church

インマヌエル王子キリスト教会のホームページをご覧いただき、心より感謝いたします。このページを訪れてくださった全ての方に主の豊かな祝福がありますように。

私がクリスチャンになったのは、2005年12月25日です。当時私は、人間関係に疲れ果て、また自分自身の罪深さに打ちひしがれて、人生の希望を見失っていました。

 

-「こんな自分が生きている意味があるのだろうか?」-

 

そんな疑問が常に心の中をよぎっていました。

そんな中、ゴスペルを通じて教会に足を運ぶきっかけが与えられました。そこには、今まで感じたことのない「ほんものの愛」がありました。「自分は誰にも必要とされていないのではないか?」と思っていた私にとって、教会で感じた「愛」はまさにほんものでした。

その後、そのあたたかで、アットホーム的な雰囲気のあるキリスト教会に興味を持ち、毎週日曜日の礼拝に参加するようになりました。それが2005年の夏のことです。その後イエス・キリストを信じて救われ、2006年10月には同じ教会に通っていた妻の愛美と結婚し、翌年には息子の誠実が与えられました。

そして息子が一歳に満たない2008年3月に会社を退職し、同年の4月に神学校に入学しました。こうして2012年3月に神学校を卒業し、同年の4月からインマヌエル王子キリスト教会の主任牧師として、みことばと祈りの奉仕にあたらせていただいております。

新任の故に、また心臓の病の故に至らないところも多々ありますが、教会の皆さんに助けていただきながら、愛のあるアットホームな教会であるようにいつも心がけています。

教会は決して敷居が高いところではありません。また伝統的・正統的なキリスト教は決してあやしげな宗教ではありません。かつては私も、そのような偏見を持っていました。しかし実際に教会を訪れてみると、全くそんなことはなく、むしろ「愛」に満ちたとても家庭的なところでした。そこには自分が求めていた「ほんものの愛」があったのです。

キリスト教に興味がある方、宗教という壁に抵抗を感じている方、決して変わることのない真理を求めている方、そして私と同じように、「ほんものの愛」を求めている方…。どなたも是非一度、私どもの教会をおたずねください。その扉の先には、今まで感じたことのなかった「愛に満ちた、あたたかな場所」があります。

主の愛と恵みにつつまれながら、この王子教会でご一緒に神様を礼拝できる日を楽しみにしております。

 

主にありて

インマヌエル王子キリスト教会 

主任牧師  小林 佳

牧師:著作・記事(下記リンクより)